• ホーム
  • 麻酔薬を使って射精時間を延ばしてみる

麻酔薬を使って射精時間を延ばしてみる

男性の持つ性の悩みの一つとして早漏があります。
他の人と射精時間を比べることはできない以上は医学的にどれくらいからが早漏というはっきりとした定義はありません。
ただ、射精をコントロールできず自身が望むよりも早く果ててしまうのであれば、こっそりとコンプレックスを抱えているよりも何らかの対策をした方がよいでしょう。
性機能の問題は精神面が大きく影響してきます。

悩めば悩むほど射精時間は短くなり、悪化していくものです。
だからといって病院に行って医師に相談するのは恥ずかしいという方におすすめなのが皮膚麻酔薬です。
元々は痛みや痒みがある箇所に塗るお薬なのですが、デリケートゾーンに塗ることで患部が麻痺して感度が鈍るため、刺激に強くなり、射精時間が延びるのです。

リドカインやプリロカイン・トノスなどさまざまな皮膚麻酔薬が売られています。
いずれもインターネットで購入することができるので買う際にも恥ずかしい思いをする必要がありません。
無味無臭なのでパートナーに使用していることを知られる心配もありませんし、もしも見つかっても皮膚麻酔薬としての役割を説明すれば、デリケートゾーンに塗って射精時間を伸ばすために購入したとばれることはないでしょう。

リドカインもプリロカインもトノスもクリームタイプの皮膚麻酔薬です。
錠剤を服用するよりも患部に直接塗るため即効性があります。
パートナーとの性行為の前にこっそり塗っておいて射精時間を延ばし、満足行くものにしましょう。

特にトノスなどは天然型の男性ホルモン・テストステロンも配合されている早漏のための軟膏剤のため、精力が減退したり、男性更年期障害に悩まされる方にも効果があります。
体質もあり、どれが合うかは個人差があります。
いろいろと試してみて自分に合ったものを選び出しましょう。

性行為への自信が取り戻せたら、早漏改善は期待できます。
日頃の生活習慣の乱れが関係する場合もあるので生活改善も考えましょう。

リドカインを使用する時は必ずコンドームをする

リドカイン等の皮膚麻酔薬はどれも無味無臭で、たとえ塗っていてもパートナーに気づかれる心配はありません。
とはいえ、口に入れて良いものとは言えないため、オーラルセックスを強要するのはやめましょう。
パートナーの方から提案してもらえた場合もうまく断るか、性行為を満足して欲しいから使ってみたと正直に話すのもいいでしょう。

実際に挿入する際には、必ずコンドームを付けるようにしてください。
口に含むのと違い女性の側に何らかのトラブルが起こる心配はないでしょうが、皮膚麻酔薬です。
もしも膣内に付いてしまった場合、女性の側が「今夜はなぜか気持ちよくない」「全然濡れない」ということになってしまうわけです。
女性の膣の感度が鈍ってしまうからです。

人間にとっては性行為はただ単に遺伝子を残すためだけでなくコミュニケーション手段としても使われています。
お互いに楽しめるように使用した薬で男性側は満足行くものになっても女性の側が不満を抱えることにならないよう、塗ったあとはコンドームでしっかりガードしてから挿入しましょう。

もっと安く手に入れたいというのであれば、リドカインのジェネリック医薬品も海外では売っているため通販を利用して購入してもいいでしょう。
わざわざ特別なお薬を買わなくとも、リドカインが配合されている薬はボラギノールM軟膏やメンソレータムADなどあなたの身近に実はあるのです。
これならドラッグストアやスーパーでも手に入りますし、お値段もそれほどかかりません。
彼女が持っているものを使わせてもらって試してみるのもいいでしょう。

ただ、何らかの皮膚トラブルが起こった場合には早めに病院を受診してください。
副作用が少ないとはいえ、デリケートゾーンに塗るのですから注意しましょう。

関連記事