未分類

遅漏は早漏よりも嫌われる理由について

早漏と遅漏はどちらも射精障害です。

男性の中には、早漏は女性に嫌われるのは分かるけれど、遅漏が女性から嫌われる要因にはならないだろうと思っている人がいるかも知れません。

しかし、あるアンケートによると、早漏よりも遅漏の方が嫌いだと答えた人の方が多かったというデータがあるのです。

ここでは、そのアンケートをもとに、遅漏が嫌われる理由と、その解決策を紹介したいと思います。

 遅漏が嫌われる理由

遅漏が嫌われる理由は、下記の通りです。

【遅漏が嫌われる理由】

  • 長い間男性の相手をしなければならない(体力が持たない)
  • 女性がテクニックを用いて工夫をしてあげなければならない場合がある
  • 自分の性的な魅力に対して自信を無くしてしまう
  • 不妊の可能性を考える

それぞれ見ていきましょう。

長い間男性の相手をしなければならない

遅漏が早漏よりも女性に嫌われる理由として大きいのは、長い間男性の相手をしなければならないのが、負担だからです。

自分がすでに絶頂を迎えた後も、男性が長い時間性行為を続けることにより、心身共に疲れてしまうことがあります

遅漏男性は早くイキたいのでセックスも激しくなりがちですが、女性の体力が持ちません。

性器に出血が生じるなどの身体的ダメージを受けてしまう恐れがあることから、遅漏よりも早漏の方がましだと言う女性もいるのです。

女性がテクニックを用いて工夫をしてあげなければならない場合がある

通常の性行為だけではなかなか射精に至らないために、パートナーの女性が色々と工夫をしてあげなければならない場合があるという点も、遅漏が嫌われる理由の一つです。

例えば口や手で男性器に刺激を与えてあげるというやり方が考えられるのですが、そういったテクニカルな要素が必要となる行為を、面倒だと感じる女性は少なくありません

オーラルセックスを嫌う女性は多いです

自分の性的な魅力に対して自信を無くしてしまう

女性が自分の性的な魅力に対して自信を無くしてしまうことがあるという点も、遅漏が嫌われる理由となります。

遅漏の男性と性行為に及んだ場合に、なかなか射精にまで至ることができないのがその男性の特性だと知らなければ、女性は自分に原因があるのではないかと不安になるのです。

自分に魅力がないかも?気持ち良くない?と悩む女性も多いです

例えば、自分の女性としての魅力が薄いことや、自分の性器の具合が良くないことが原因でそうなってしまっているのだろうかと、余計な不安を覚えてしまいます。

不妊の可能性を考える

奥さんのように長期的なパートナーである場合には、夫などの遅漏がさらに進行して、不妊に繋がるのではないかと思ってしまうのも、遅漏を嫌がる理由の一つに挙げられます。

その男性と今後も長く関わって行くのであれば、そういった心配はしたくないと思うのは自然なこと言えるでしょう。

遅漏で射精ができない状態が続くと、子作りの際に困るのでは、と不安になる女性も多いです

遅漏を改善する方法を伝授

遅漏は、できれば改善した方が望ましいものです。

その遅漏を改善する方法には色々なものが考えられますが、それらが効果をもたらすかどうかは、その人の遅漏の原因に合っているかどうかが大きく関係します。

早漏と異なり、遅漏そのものを治す薬は今のところありません

まずは自分の遅漏の原因を知りましょう。

遅漏の原因は、精神的なものと肉体的なものの2つのタイプに大きく分けることができます。

精神的な理由

精神的な原因から来る遅漏について考えてみると、その人が抱えている精神的な問題を軽減することで、改善する可能性があります。

例えばその原因が焦りである場合には、パートナーの女性がプレッシャーを与えないようにすることが効果的です

女性を満足させなければいけない、女性に精神的ダメージや身体的ダメージを与えないように、早く性行為を終わらせなければいけない⋯⋯そういった焦りを感じると、遅漏になってしまいます。

二人でゆっくりと性行為を楽しむ心の余裕を持たせてあげられれば、遅漏が改善できるかもですよ!

アダルトビデオなどの性的な刺激が強い映像を見続けることで、性行為に対する期待が大きくなりすぎてしまい、現実の性行為に支障をきたして遅漏になることもあります。

その場合の有効な改善方法は、男性がアダルトビデオなどを見ないようにすることです。

いつもと体位を変えてみたり、女性がオーラルセックスなどのテクニカルな工夫をしたりすることで、新鮮な刺激を与えてあげるというやり方も考えられます。

パートナーの協力が不可欠なので、しっかりとお礼を言いましょうね!

身体的な理由

遅漏の身体的な原因が問題である場合の代表例が、マスターベーションのやり方によるものです。

例えば自分の手で刺激を与えすぎていると、女性器の締め付けでは性的な満足感が得られなくなってしまうことがあります

それが原因である場合には、マスターベーションの回数を減らしたり、体位を色々と試して刺激が大きくなるものを見つけるといった方法が良いでしょう。

遅漏の肉体的な原因の中でも特に深刻と言えるのが、年齢による性的な能力の衰えです。

その場合の改善方法としては、精力剤やサプリメントを服用したり、精力が高められるとされる食品を食事に取り入れたりといったものが考えられます。

バイアグラ等のED治療薬は中折れを防げるので、射精まで性行為を続けられます!