• ホーム
  • 早漏を改善できるスプレー剤を試してみる

早漏を改善できるスプレー剤を試してみる

早漏とは早く射精してしまう症状のことです。
早漏といってもさまざまでペニスを膣内に挿入する以前に射精してしまうケースもあれば、挿入しても数分も我慢できずに射精してしまうといったものがあります。
早漏の原因も心因性とそもそも亀頭が敏感ですぐに射精に至ってしまうケースが考えられます。

心因性は経験不足などから起こることですが、一方で性的興奮が強い人でも起こる可能性があります。
このような場合には内面的な問題ですから、カウンセリングであったり経験で慣れたりするといった必要があります。
ペニスの亀頭が敏感な場合も経験不足が大きく影響します。

その理由としては亀頭が摩擦になれていないため感じやすくなっているためです。
特に早漏は若い人に見られるのはこれら経験不足が中心になります。
ただ病気が原因の早漏もあり、そのような場合にはペニス周辺で炎症が起こっているといったことが原因であり、この場合には病気の原因を治療する必要があります。

早漏を治す方法はひとつに経験ですが、一方で医薬品によって改善することも可能です。
服用するタイプの早漏薬もありますが、性欲も低下させる可能性があります。
このため有効な方法としてはスプレー剤を利用する方法です。
早漏のスプレー剤の仕組みとしては麻酔成分を含んだ液体を亀頭部分に噴霧することによって感度を下げて鈍感にさせるというものです。

メリットとしては痛みや性欲に対して影響せず、また麻酔といっても皮膚表面だけですので成分が抜ければ元の状態に戻り身体への残留性もありません。
またあくまでも皮膚表面だけの麻酔ですのでスプレー剤を使うことによる副作用がありません。
ただデメリットとしてはセックスの30分ほど前にスプレーする必要があるなどやや手間が掛かることで女性に知られると少し恥ずかしい思いをすることもあります。
またしっかりと成分が皮膚に浸透したあとはしっかりと洗い落として置かないと膣内に挿入したさいに女性器周辺の感度を低下させ鈍感にさせる可能性があります。
しかしスプレー剤は副作用のリスクのある内服薬と比べると安全性に優れた早漏対策の方法といえます。

早漏改善のためのスプレー剤はネット通販だと色々ある

早漏改善のためのスプレー剤は色々とありますが、残念ながらドラッグストアや薬局では売られていないものです。
中には市販の麻酔成分が含まれたかゆみ止めで代用する人もいますが、早漏改善を目的とするのであれば早漏用のスプレー剤を購入するのがベターです。
このため購入するにはネット通販を利用する必要があります。
ネット通販であればさまざまな種類の早漏スプレーが手軽に手に入れることができます。

早漏スプレー剤としてもっとも良く知られているのがリドカインが含まれたスプレーです。
リドカインは麻酔成分のことで医療でも使われているものですが、日本でもネット通販を利用して購入することが可能です。
また早漏のスプレー剤はリドカインのほかそれぞれの商品に特徴があり、それらを理解して購入することが大切です。

リドカインを含んだスプレー剤は多く販売されており選択肢も豊富ですが、そのひとつがステイロングスプレーです。
ステイロングスプレーは、インドにあるインタス社が製造している早漏スプレー剤でキシロカインのジェネリックです。
キシロカインはリドカインを含んだ局所麻酔薬のことで、さまざまな種類が販売されています。

キシロカインには液状のほかゼリー状があり、また点眼液として目の麻酔などにも使われるもので敏感な亀頭に対して影響を与えずに麻痺させる効果を得ることができます。
また低刺激性ですからゼリー状のものは体内に挿入する胃カメラや尿道カテーテルなどの麻酔薬としても使われる安全性の高いものです。
キシロカインそのものを早漏改善に使うケースもありますが、早漏用に開発されたジェネリックであるステイロングスプレーの方が安全性や価格の面においてもメリットがあります。

関連記事