• ホーム
  • 早漏は過去のトラウマが原因でなることもある

早漏は過去のトラウマが原因でなることもある

男性にとって「恐怖の言葉」といっても過言ではない「早漏」は、さまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。
とは言え、早漏は別に病気ということではないので、そのままの状態でい続けたとしても本質的には何ら問題はありません。
ただ、早漏のままだと女性とのセックスに対して強い抵抗を感じてしまうこともあるため、できれば早期に解消した方が賢明です。

早漏の原因は大きく分けて2種類

早漏を改善するためには、まず「何が原因で早漏になっているのか」を知ることが必要です。
原因も分からないままでは対策のしようがないばかりか、間違った対策を講じてしまうことで余計に精神的なストレスを感じるようになっていき、それが原因で状況が悪化してしまうこともあります。
必ず原因を突き止め、そこに対して適切なアプローチを掛けていくことを意識することが大切です。
早漏の原因は大きく分けて二つに分けることができます。

過敏性早漏

一つは、自慰行為の方法が間違っていたり、ペニスの成長率、包茎などが原因で起こる「過敏性」によるものです。
ペニスが刺激に対して慣れておらず、少しの刺激でも大きな興奮を感じてしまうことで早期に射精してしまうような状態がこれです。
亀頭周辺が刺激に慣れることができれば改善できる可能性が高いものの、一旦成長してしまった後では中々修正することが難しいことも確かです。
いわゆる「皮オナニー」などをしていた、「包茎」によって亀頭のトレーニングが不足している場合には、意図的に亀頭へ刺激を与えるようにする方法が効果的です。

心因性早漏

もう一つは、過去の失敗による精神的ショックがトラウマと化し、我慢しようとすればするほどできなくなってしまうような「心因性」です。
過去の失敗経験がトラウマになってしまっていることが原因であれば、カウンセリングなどで問題を深層心理から呼び起こす必要がある場合もあります。
単なる精神的ショックによる一時的なものだとしても、慢性化しないように意識することが大切です。

トラウマで早漏になった人はカウンセリングを受けよう

さまざまな原因で早漏になってしまうわけですが、ストレスなどが原因の場合は専門医にカウンセリングを受けることも検討しましょう。
すべての状況でカウンセリングが必要になるというわけではないものの、一定の方法を試しても結果が伴わない場合には、非常に強いトラウマを抱えている可能性もあります。
これは、本人が自覚しているかどうかに関係なく影響を与えている可能性があるため、「そんな経験はない」と思っていてもカウンセリングを受けてみる価値はあります。
もし、それで原因が見つからなかったとすれば、逆に「慣れていないだけ」と割り切って早漏改善に取り組んでいきやすくなります。

若い男性など、特に初めてのセックスの際には「興奮しすぎ」が原因で早漏になってしまうこともあります。
若い男性でなくとも、経験が少ない人などは過剰に興奮してしまい、それが極端に早い射精欲求に変わってしまう可能性もあるため、「慣れる」ということも大切です。
大半の早漏に関しては、「慣れる」「鍛える」という方法で改善が見込めます。

ただし、すべてがそれだけで改善できるというわけではなく、原因が自律神経系の異常による場合もあります。
自律神経の異常はどのような理由で起こるのか分からないため、ある日突然早漏になってしまうこともあります。
昨日までは遅漏で大変だったものが、翌日には早漏になって違った悩みを抱えてしまう状況も起こらないとは限りません。

過敏性早漏に関しては、改善までにある程度の時間がかかります。
しかし、心因性の早漏に関しては、問題が解決できてしまえばすぐに改善されることも多いです。
自分がどういった原因で早漏になっているのかをよく考え、適切な改善方法に取り組むことが大切です。

関連記事