• ホーム
  • 早漏の治し方にはやっぱり薬を使うのが一番

早漏の治し方にはやっぱり薬を使うのが一番

悩む男性

日本人男性の多くは早漏で悩んでいます。
早漏の原因はさまざまあるものの、精神的なものも大いにあります。
コンプレックスに感じているのであれば一人でただ悩むのではなく何らかの対処法を考えましょう。
デリケートな問題だけに、わざわざ病院で相談するのは恥ずかしいことです。

おすすめの治し方として薬を使う方法(プリリジー)があります。
プリリジーは世界初の経口摂取型の早漏改善薬です。
世界60ヵ国以上で使われており安全性は保証されています。
ダポキセチンという一般名で売られていることもあります。

服用することにより脳内の幸せホルモンが多く分泌されるので緊張がゆらぎリラックス状態になるでしょう。
早漏になるのは過度の緊張や興奮により衝動をコントロールできない状態になっているからですが、服用することで落ち着いて性行為を行えるようになるので早漏の治し方として有効なわけです。
60mg錠を使用することで70パーセント程度有効率があります。

射精までの時間を3倍程度まで延長することができるのです。
6時間程度は効果が持続するため、ゆっくりと楽しめるのです。
人間にとって性行為は単なる生殖行為というよりもパートナーとの関係を良好に保つための手段でもあります。

服用したからといって根本的に解決するわけではありませんが、1度でもうまく行けば自信が取り戻せるでしょうし、相手を満足させることができるので性行為が楽しくなるでしょう。
ダポキセチンは日本ではまだ認可されていない薬のため、プリリジーの購入なら通販をして海外からの輸入という方法がありますが、さまざまな手続きを代行してくれるサイトがあるため普通にインターネットショッピングをするように手軽に手に入ります。
忙しい毎日を送る中、常にストレスや疲労が溜まっている現代男性は早漏になりがちです。
病気は薬で治すのがおすすめです。
プリリジーでまた、男としての自身を取り戻すようにしましょう。

日本で早漏治療にプリリジーが認可されていない理由

すでに60ヵ国以上の国で使われている世界初の経口摂取型早漏治療薬・プリリジー。
なぜ日本ではまだ認可されていないのでしょうか。

世界中の多くの男性が使用しているのですから安全性はすでに実証済みです。
とはいえ、まったく問題ないとは言えず、1パーセントから10パーセント程度ですが頭痛や不眠・めまい・吐き気・下痢といった副作用が出てくることもあります。
起立性低血圧が起こることもあり、日頃から立ちくらみや失神することが多いという方は使用ができません。
その他にも、重度の虚血性心疾患や高度の腎障害を持っている方・てんかん発作を起こす方など病歴によっては使用が禁止されている場合もあります。

20歳から65歳以内と年齢も決められています。
注意事項を守り、用法用量を守ってきちんと使うことである程度までは安全性が保証されるといった薬なのです。
日本は医薬品に関してはかなり慎重な姿勢をとる国です。
確実に安全性が保証されるとは言えない以上、国が認可することはないのです。

そのため健康保険が適用されずクリニックなどで購入はできるもののそれなりのお値段です。
それよりは海外製の商品をインターネットを通じて手に入れたほうがずっとお得なのです。

とはいえ、なぜ日本では売られていないのかということを今一度頭に留め、自身で購入して服用するという場合、気をつけてください。
なにかあっても自己責任なので、プリリジーを通販で手に入れる際は細心の注意を払いましょう。
ただ、多くの人々が問題なく使用している薬ですから、そこまで怖がる必要はありません。

上手に使用して姓の悩みを解消しましょう。
性行為の1時間程度前に服用すればあなたの身体の中で有効に働いてくれ、パートナーを満足させる性行為ができるはずです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧