• ホーム
  • コンドームで早漏を改善する方法

コンドームで早漏を改善する方法

日本人でも、早漏に悩む人は少なくありません。
若い頃からこの悩みを抱える人もいますし、年齢を重ねた中年以降の男性にも早漏の傾向は見られます。
若い頃に比べて射精時間が短くなってしまったという人は意外に多く、周りにも相談しにくい問題だけに、1人で悩むことが多いのが現実です。

射精時間が延びるためにとる手段としてはたくさんの方法があります。
中でも特に近年注目されているのが、コンドームによって射精時間を長くするという試みです。
薬を飲んだりするよりもハードルは低く手軽に試せるのが特徴です。

実際は射精時間を長くするためのコンドームは、ひと昔前から存在していました。
ただ、とにかく分厚くするという方向性が一般的でした。
極厚のコンドームならば確かに直接女性自身に触れる感覚は薄くなり、早漏防止に役立つ事は間違いないのですが、装着したときの違和感や女性側からの抵抗感もあって、評価はいまいちでした。
そんな中、早漏で悩んでいる男性やカップルに高い評価を得ているのが、カーマ・スートラロングラストです。

カーマ・スートラロングラストは、海外で開発された早漏防止用のコンドームです。
早漏防止に特化した多くの特徴を持っています。
従来の早漏防止用のコンドームと同じく、極厚である事は似ていますが、その装着感からファンを増やしています。
実際に使用してみて効果があったこと、違和感も少なかったことなどから、リピーターが多いのが特徴です。

カーマ・スートラロングラストの最大の特徴が、麻酔成分を配合している点です。
麻酔と聞くと少々怖い感じもしますが、感覚を鈍らせるためのものなので、安心して使用できます。
稀に皮膚の痒みや赤み痛み等の副作用が出る場合がありますが、極めて少ないレアケースです。
ベンゾカインという麻酔成分を使用しており、男性器の感覚を鈍くすることで射精時間が延びるという手法です。
どの程度の効果があり、どれぐらい射精時間を延ばすことができるのか、口コミなどから探っていきます。

極厚コンドームを使ってどれくらい射精時間が延びる?

カーマ・スートラロングラストは、ベンゾカインという名の麻酔成分を、コンドームの中にあらかじめ塗布しています。
この麻酔効果で、主に敏感すぎる男性の亀頭部分の感覚を鈍らせることができます。
結果として射精時間が延びるので、今までよりも長く性行為を楽しむことができるというコンドームです。

使い方はとても簡単で、一般的なコンドームと同様に使用することで効果が期待できます。
内側外側の装着ミスには注意が必要です。
内側、つまり男性側にベンゾカインが塗布してあるので、逆側を装着してしまうと麻酔の効果は得られません。

装着してから5分程度で麻酔効果が現れます。
逆に言うと装着してすぐに挿入しても十分な効果が発揮されないので、その点も注意が必要です。
装着後に愛撫をするなど時間をコントロールする工夫をすると良いです。
また、着脱後のオーラルセックスは、パートナーの口が麻酔によって麻痺してしまうことがあります。
この点にも注意すべきです。

実際に、カーマ・スートラロングラストを使用して想像以上の効果が得られたという人が多く見られます。
中には、今までの3倍から4倍の時間楽しむことができたという人もいます。
今まで1分と持たなかったのに、10分近く延ばすことができたとか、長い時間パートナーを満足させることができ、自信になったという人もいます。
個人差はありますが、概ね2倍程度の効果は感じることができたという人が多いです。

急に射精時間が延びることでパートナーから驚かれるという声もよく聞きます。
ただ、お互いに満足感が得られるのでメリットが多く、深く追求されないという利点もあります。
パートナーと相談してカーマ・スートラロングラストを使用する人もいれば、内緒で使うパターンもしばしばです。
基本的には従来通りコンドームを装着することで効果が得られるので、バレずに射精時間を延ばすことも可能です。
使用感が良いこともバレない理由の1つとなっています。

関連記事